運まかせのゲームとは、プレイヤーが料金を払い、ゲームの結果によってお金・物品・サービス・権利という形で利益を手に入れる機会が与えられるもので、勝ち負けは参加者の知識やスキルと関係がありません。 

この定義から言うと、コンピューター、シュミレーター、ビデオマシン、ピンボールマシンのような機器上で行うゲームは、お金やトークンを使って操作が行われるため、運まかせのゲームとはみなされません。ダーツやビリヤードなどのゲームも同様です。プレイヤーは料金を払ってプレイしますが、お金・物品・サービス・権利という形での利益を得ることはできず、同じタイプのゲーム(お楽しみゲーム)をもう1回以上行う権利が与えられるだけだからです。ギャンブルの規制に中心的な役割を担っているのは政府機関で、ギャンブル法を定めている主な目的は以下の通りです。

ギャンブルの拡大をコントロールする

責任あるギャンブルを促進する

ギャンブルの形態に応じて、許可または禁止を決定する

ギャンブルの選択に関して、コミュニティの参加を呼びかける

ギャンブル収益が確実に社会の利益となるようにする 

ポリシーには、市で開設することができるクラス4のギャンブル会場の数と場所を明記する必要があります。ゲーミングマシンがその会場の主なギャンブル機能となってはならない、というような補足的な条件を加えることもできますし、その会場が移転することになった場合に適用される規定を定めている場合もあります。

禁止事項

運まかせのゲームを法の規定に反して運営することは禁じられています。さらに以下のことも禁じられています: 

1) 賭け金が置かれてから設定されている賞金額と勝率を変更すること

2) 子供向けの印刷物や電子メディアに運まかせのゲームや主催場所について宣伝広告すること

3) ライセンス、認可、同意なしに宣伝広告および運まかせゲームの経営を行うこと

4) 未成年者がなんらかの運まかせゲームに参加できるようにすること

5) 運まかせゲームが運営されている施設に未成年者が入場できるようにすること

6) 運まかせゲームで獲得した商品やサービスを、それらと同等の金銭と取り替えること

7) 運まかせゲームを運営するライセンスを持たない人に、電子的なコミュニケーション手段を通して運まかせゲームの運営を許すこと

8) 運まかせゲームに参加する条件を満たさない人に参加を許すこと

9) プレイヤー全員に同じ条件を保証しない運まかせゲームを運営する許可を受けていない人に運営をさせること

ゲームのルール

代表的な運まかせゲームのルールには、以下のようなことが含まれます: 

1) 運営者の氏名と住所

2) ゲームを行うライセンスを発行した運営組織の名前、および発行日と登録番号

3) ゲームの名前、説明、所用時間

4) 賞金金額と賞金の種類

5) 賞金の決済方法および現金以外の収益の換金方法と期日

6) ゲームのルールをゲーム参加者に知らせる方法

7) くじ引き、スポーツ、その他のイベントがキャンセルとなった場合の手続き方法